ただ今の「残り物には福がある」ボトル

  • 2018.10.12 Friday
  • 10:11

JUGEMテーマ:バー

ただ今の「残り物には福がある」ボトルです。

 

TOMATIN CU BOCAN

エディンバラからインバネスを繋ぐA9沿いに位置する蒸留所。1986年に缶酎ハイでお馴染みの宝酒造が買収してオーナーとなり、日本企業が初めてスコットランドに所有した蒸留所です。CU BOCANはピート麦芽で仕込んだ言わばトマーチンの別バージョン。島系ウイスキーと違ってピーティーなのに潮の香りが無いというのがなかなか面白いです。

 

島系でもないのに何でピーティーなモルト作るの?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょうが、今でこそコスト面や消費者の嗜好を考慮して麦芽の乾燥工程で無煙炭や温風乾燥を採用する蒸留所が多いのですが、そもそも昔はそこら辺でいくらでも採れるピートが一番身近で安い燃料だったので地域問わずどこの蒸留所もピートを使っていたのです。そう言った意味ではCU BOCANはクラシックなスタイルを再現したボトルとも言えるでしょう。

 

▲ぅ鵐船ワー 1975/2011 35年(リンブルグ ウイスキーフェア)

ドイツのリンブルグで行われるウイスキーフェア向けのボトル。詰めてるのは2010年前後に話題だったウイスキーエージェンシーです(今Webサイト確認したら活動止まってる?情報求む)。インチガワー蒸留所は微妙な位置なので僕も訪れたことはありませんが、スペイサイドと言うにはちょっと川から遠いバッキーという海沿いの町で作っています。ふんわり潮を香りがあり複雑で楽しみ深いウイスキーを作っています。そんなマニア大好きインチガワーの香り沸き立つ35年です。コソコソ売っていましたが、昨日久しぶりに売れたので残りあと1杯です。

 

フィジーラム by サマローリ

ワタクシ新婚旅行がフィジーだったので思い入れで入荷したボトル。いや〜フィジーはホント楽園です。ジジイになったら移住したいわ〜。小屋みたいな家建てて1年中半裸で釣った魚を食べて生きていく。

それはさておき、どこで作られている原酒なのかは情報が無くて出処は不明。今Google Mapで検索してもフィジーにはSouth Pacific Distiileryという所しか蒸留所が表示されません。結局よく分かりません。スパイシーで美味しいラムであることは確かです。フィジーって島にしては珍しく軟水なんです。一時ハリウッドセレブの間で話題だったでしょ、フィジーウォーター。仕込み水も良いのでしょう。

当時は若かったし経験も無かったけど、今行ったら楽しいだろうなぁ〜。リゾートならフィジーおススメですよ。

 

 

「残り物には福がある」ボトル、ご興味あればお早めにどうぞ。

 

キャッシュレス社会へのハードル

  • 2018.10.10 Wednesday
  • 12:04

JUGEMテーマ:マネー

 

去年には「来年にはキャッシュレスの波が来ますよ」とお客様にも話していましたが見事的中。我ながらヨミが良い。先回りして利益を上げそうな企業に投資しておこうと考えたのですがまったく何も思いつかず。

 

 

キャッスレスに移行するまでの問題点。それは手数料の1点のみです。

 

すっごくシンプルに説明します。

 

・年間売上1000万円の個人商店の支払いが100%キャッシュレス化。

 

× 手数料 3%(¥30万円) ⇒ 冗談でしょ。勘弁してよ

 

△ 手数料 1%(¥10万円) ⇒ キッツイなぁ!毎年嫁さんと2人で沖縄行けるがな

 

そんなんなら現金がエエわ。と言うのが本音。

 

 

・今度友達とグアムに遊びに行く。旅行代金10万円を送金。

 

△ 手数料 1%(¥1000) ⇒ 今度会った時に現金で払うわ。てか銀行振り込みする。

 

「友達にお金送るだけなのに手数料取られるって馬鹿らしくない?」

いまどき人が介在しないデジタルサービス(本当は滅茶苦茶頭の良い人が介在しているんですが)なんて無料で当たり前って意識ですよね。GmailとかGoogle MapなどGoogleのサービス全般ぜーんぶ無料(なんで無料なのかはよく考えたほうが良いのですが)。

 

 

中国でアリペイが爆発的に普及したのは店舗側の手数料が実質無料だから。もちろん個人間送金も無料。アリペイアカウントに貯まったお金を現金化するときにだけ手数料がかかります(2万元(約33万円)以上で0.1%)。現金化しなければ無料。そもそも今どき現金化なんてしません。これならセキュリティーや手間を考えても喜んで導入します。

もちろんアリババはボランティアでやっているわけではありません。広告や貸付で利益を出しています。んで先日退陣した創業者ジャック・マー氏の個人資産は4兆円オーバー!20年前は高校の先生だったんですよ。ワタクシもスマホやドローン、釣り道具でアリババ使ってマー氏に貢献しています。

 

 

今のところ色々な企業が動いていますが、私的観測ではどこもダメ。今ぶち上げている数字なら「クレジットカードでエエやんけ」の域を超えていません。規格統一が進むか、圧倒的シェアNo.1が決まってから導入します。

下手すりゃアリペイが日本のキャッシュレスの天下を取るかもしれません。「日本スゴイ」が大好きな方には耳が痛い話かもしれませんが、日本の企業は製品もサービスも中国のスピードとレベルには追い着くのはかなり困難な状態です。いまや服や小物から家電、デジタルデバイス、安い外食の食材に至るまで、気が付けば身の回りの物のほとんどがメイドインチャイナ。今後はAIや自動運転などの分野においてもアメリカと中国の一騎打ちになること必須。

 

 

僕が楽天の三木谷さんなら去年のうちに死ぬほどシェア獲得に動いたのになぁ。

 

アクションスポーツ × レーシングドローンの美しい世界

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 09:38

今日がお盆のUターンピークだそうで今年のお盆営業もこれにて終了という気分です。

お盆に関係あるのか無いのか、先週某日には1日で40人のお客様をお断りしました。

「お前んとこ儲かってんなぁ!!!」

と驚きの方、そんな訳はありません。電話予約で20名を2組お断りしただけです。20名って……。なんでバーで飲もうって思ったんだろう??? チェーン居酒屋かカラオケボックスでよくない? ましてや団体不向きの当店になんで? 「あそこは団体OK」みたいな噂でも流れているんだろうか?

 

 

 

今日は映像の話

GoProの登場以来、日常・非日常を映像に切り取り我々一般人が未知の世界を体験する機会が増えました。

そしてドローンの登場により今までにない画角から美しい世界を体験する機会が増えました。

僕も安いアクションカメラ買ってカヤックフィッシングの動画とか撮影していますし、おもちゃドローンを近所で飛ばして楽しんでいます。ここ数年で映像撮影がすごく身近になりました。

 

そして今個人的の最も注目しているのはアクションスポーツとレーシングドローンの融合です。

皆さんがイメージするドローンの空撮はビタッと水平にスタビライズされた空撮映像ではないでしょうか?DJIをはじめとする空撮ドローンの映像です。それに対してレーシングドローンはその名のとおりレース向けに作られた3Dで自由自在に飛行できるドローンです。それにGoProを括り付けて撮影するわけです。

 

まあ文章で説明するより実際に動画を見てもらったほうが早いですね。

ドローンパイロット、いやもはやドローンアーティストと言っても過言ではないWEBB-FPV氏のスキービッグエアの映像です。

スキーヤーに合わせてドローンを回転させるとこんなにも面白い映像が出来上がるとは!!!

音楽に合わせて動画全体がストーリーを持っているように編集されていて何回見ても飽きない今一番お気に入りの動画です。

 

こちらはAIRBLASTER氏のMTB映像。この人、センスの塊です。

ライダーはスキーヤーでもあるらしくテールを切るようにスライドさせるライディングがカッコいいですね!!!。

「MTBに興味あるんだけど」という人がいたら見せてあげてください。明日買いに行くでしょう。

 

同じくAIRBLASTER氏のMTB映像。

MTBでトレイルやってる人にはよだれが出そうな映像です。20代の時に行ってみたかったなぁ!!!

 

 

世の中こんなに楽しそうで美しい世界があるということで。

ぜひChromecastなどを使って大画面でご覧ください。

 

何か新しいことはじめたくなりました?

 

今や4Kで1万円を切る時代です

 

 

僕も持っているヤツ 最初の一台におすすめです

 

 


Selected Entry



マスター推薦 酒の本





Archive


Profile



Link


Search