コーギーが我が家にやって来た! 

  • 2018.11.17 Saturday
  • 10:57

JUGEMテーマ:コーギー

 

近頃、週末になるとなぜか女性客が多い。

先日なんて金曜日にしてはやや暇な日とは言えども割合で言うと女性率は驚異の75%オーバー!最近では突出した数字です。

改めてカクテルの勉強でもしようかしら???

 

 

ということで今日は女性受けしそうな話題ということで

我が家に念願の新しい子供が来ました。

ウェルシュ・コーギーのシェリちゃん(女の子)です。

 

犬を飼うのは実に30数年ぶりですが、もう何から何まで驚きの連続です。(赤文字)は現代語訳

 

昔飼っていた雑種(ミックス)のペロは近所で生まれたのを貰ってきて、紐(リード)に繋いで父親が自作した犬小屋(ケージ)で外で飼っていました。

犬小屋(ケージ)の上がお気に入りポジション。雨を防ぐプラ板もかじりまくりです。今見ても真っ黒でフサフサのペロが何と何の雑種(ミックス)だったのか分かりません。


まあ自分も兄も子供だったので可愛がるのは最初だけで人生ならぬ犬生の後半は母親がほとんど面倒を見ていました。学校から帰って散歩に連れて行ったり(今思うと完全に僕が引っ張られていた)、おやつにせんべいをあげたり(今では塩分・カロリー過多で犬にあげるのは好ましくありません)したぐらいしか記憶にない。断片的な思い出はポロポロあるのですが、「凄く楽しかったこれ!」といったエピソードは思い出せないんです。小さいころペロに追いかけられて泣いたりとか、友達と車みたいに水道水で体洗って炎天下にほったらかしにしてしまったり、鎖(リード)無しで散歩していて近所のおばさんに怒られたり、思春期に夢にまで見る女性のオッパイの代わりにペロの乳首をそっと撫でてみたり。

 

鮮明に覚えているエピソードは、いつもどおり朝に様子を見みいくと普段通り犬小屋(ケージ)にいるかと思ったらなぜかあげたはずの無いサツマイモを食べている。どうやら深夜に紐(リード)を噛み切って脱走して隣の家からサツマイモを盗んで来たらしい。「犬も自由が好きだけど、なんだかんだで家には帰ってくるんだなぁ」と感心しました。その以来、切れないように鉄製の鎖(リード)に変えられて子供ながらに「じゃらじゃらと重そうだなぁ」とちょっと可哀そうに思いました。

 

老衰してすっかり元気が無くなった時に薬を与えたら急に元気を取り戻して「このまま復活か⁉」と喜んでいたら、その数日後に天国に行ってしまいました。最後を看取れたのはせめてもの恩返し。でも考えたらペロには墓もないなぁ。でも当時に犬はこんな感じが普通でした。

今でもずっと「もっといっぱい一緒に遊んであげれば」と心の隅っこにシコリみたいに後悔の念がありました。今と違って時代が時代なので写真も少ないし、車に乗せてどこかに連れて行ったこともなく、ペロとの思い出が少ないのです。だからシェリはいっぱい一緒に遊んでいっぱい思い出を作ろうと思っています。

 

 

家族として迎えるにあたってペロには掛けていなかった(そもそも当時そんなものは無かった)生体保障と医療保険に加入。

もちろん室内で飼いますし、餌もペットショップで与えていたものと同じイタリア産のものを購入。ペロはご飯に味噌汁をぶっかけた猫マンマ(犬なのに)が毎日の朝食でしたが、塩分過多だし、どうやら近頃は犬に玉ねぎはNGらしい。いつも同じでは不憫なので犬用おやつとキュウリをあげています。

 

ペロは犬小屋(ケージ)でボロボロの毛布をベッドにして寝ていましたが、シェリはフリース素材のふかふかのベッドで寝ています。

ベッドをこれに変えてからへそ天で超絶リラックスモードで寝るようになりました。さすがAmazon。Amazon's Choice凄い。

 

何かと心配なのでいつでもどこでもスマホから様子を見られるようにカメラも設置。

昼でも

夜でもいつでも可愛いわが子の様子が確認できます。

 

来年の夏には牛窓でこんな風に一緒にカヤックツーリングしたいので

いやー幸せそう!!!

車に乗せて移動できるようにクリートも購入

とりあえずはトレーニング完了。Amazonベーシック凄い。

 

ワタクシはスコッチウイスキー好きのマスターと思われがちですが、正確にはスコットランド、さらには英国文化が好きなマスターです。女王陛下も飼われていたコーギーですからハーネスとリードも英国っぽいチェック柄のものを購入。

アムラーっぽくて良い感じ。

 

もちろん、冬の散歩はウエルッシュコーギーとお似合いの英国王室御用達のバブアーを着て出かけています。

 

 

 

仕事柄、日中はオフタイムなので朝6時から夕方6時まで12時間も一緒に過ごしています。奥さんは仕事に行っているので僕一人で世話するのですが、正直、二人の我が子の幼少期にはあまり育児に参加していなかったので、ほぼ初めての育児体験に幸せとストレスで毎日疲労困憊です。献身的に子育てする女の人の母性本能ってスゲェなぁと感心することしきり!奥さんなんてシェリちゃんのうんこを素手でキャッチしてましたからね。

 

当分の間、人生の時間と労力をお犬様のために費やすことになりそうです。

 


Selected Entry



マスター推薦 酒の本





Archive


Profile



Link


Search