7時間は寝なきゃ駄目ですよ

  • 2019.06.13 Thursday
  • 20:30

先日のニュース、ご覧になられたでしょうか?バーテンダーとしては「なるほどなぁ」と大変納得のいく内容でした。

 

7時間以上寝るのやっぱり大事。40億件のFitbit睡眠データが立証

 

フィットネストラッカーを開発・販売しているfitbit社が40億件以上の睡眠データから導き出した結果だそうです。

 

要点は、

 

・人間やっぱり7時間以上寝なきゃ駄目
・6時間以下の睡眠は徹夜しているのと一緒

 

ということです。

 

カウンターを挟んで色々なお客様と話していると、酒が入っているからとういこともあるにせよ、

 

「AはBだからCなんですよ」

 

ぐらいの簡単な話がどうも伝わっていないと感じる人がいらっしゃいます。そういう人に共通するのは遅くまで飲んでいて、やはり寝不足だという点。寝不足っぽい人は認識能力が低いし、いつも心身ともにお疲れ感が漂っている。


お起こしいただけるのは大変嬉しいのですが、あまり夜遅くならないように当店に来る前はテキパキ行動して、当店でゆっくり飲んで、早く帰って早く寝ましょう。とにかく寝るのが一番!

 

 

ひょっとして寝不足かも?と気になる方は一度自分の生活をトラッキングしてみてはいかがでしょうか?かの有名なアップルウォッチは電池の持ちも悪いし高いから壊れたら懐も痛いですが、今時は安くて気兼ねなく使える良い商品がいっぱいあります。

 

おすすめはXiaomi Mi band。

画面も小さめで機能を絞っているので電池は余裕で2週間は持つので毎日毎日寝る前に面倒臭い充電をする必要はありません。毎日使うものって使い勝手が悪いとタンスの肥やしになりがちですからね。

 

フィットトラッカーはBluetoothでスマートフォンと繋げて使うのですが、Xaiomiがお金を掛けて真面目に作っているアプリの出来も素晴らしいです。似たような安いフィットネストラッカーも色々ありますがアプリの出来が心配なのでお薦めしません。

 

去年の誕生日にウチの奥さんにも買ってあげたら嬉しそうに毎日着けています(誕生日プレゼントが滅茶苦茶安く上がってラッキー!)。ゴム製のバンドは安くて色々な色があるのでファッションや気分に合わせて簡単に取り替えられます。

なんと1つたったの100円ちょい。

 

Xiaomiは一般の方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、スマートフォンの出荷台数ではサムスン、アップル、ファーウェイに続き世界4位です(2018年)。製品へのこだわりは強く、パーツの審査基準はアップルよりも厳しいとのこと。僕もスマートフォンはXaiomi Mi A2というモデルを使っていますが、電波の掴みも速くて正確だし、コンパスの精度もバッチリ。こういった数値化できないパーツが優れているのが出来の良いスマートフォンです。すでに最新のAndroid 9が降ってきているのでバッテリーの持ちも驚くほど良いです。

 

 

我が家のコーギーのシェリちゃんなんてちょっとでも暇になったらすぐ寝るので、いつも目がキラキラして元気一杯、健康そのものです。

まあこんだけ爆睡すれば当たり前ですわな。羨ましいよ……。さあ我々も寝ましょう!

 

全ての喫煙者に送る!ヴェポライザーの衝撃!

  • 2018.03.08 Thursday
  • 10:26

テーマ:タバコ

 

 

受動喫煙対策法案がグズグズな形で国会を通過しそうです。店の広さがどうだとか、資本金がどうだとか、結局大半の飲食店で喫煙OKというわけです。規制に例外を設けるとそれが抜け穴になったり不公平になったり、結果的には誰も得しないということは明らか。言い出したは良いが結果はグズグズの過去の様々な規制と同じ道を辿ることでしょう。

 

僕も愛煙家ですが今や喫煙者の割合は20%以下なわけだし、資本主義の原則に沿えば非喫煙者の権利が優先されるべきなはずです。誰も吸うなとは言っていません。非喫煙者の意見は自宅なり他人に迷惑がかからない場所なり、ちゃんとルールを守って吸ってくださいねと優しく譲渡してくれているのに、一部のヘビースモーカー老害政治家の意見がまかり通った形になってしまいました。民意が反映されないならこんな国、いっそのこと独裁主義に変えちゃえば?

 

国際的にはどうかと云いますと、知っている限りいまや僕が旅行で行くような一般的な国(ヨーロッパ、アジア)ではどこも屋内はNG。空港、ホテル、飲食店でも喫煙所すらありません。じゃあ何処で吸うかというと国によって差はありますが屋外はおおかたOK。ただし歩きタバコはNGとか灰皿が設置された場所ならOKとか。

スコットランドのパブには入口の脇に灰皿が設置してあって、タバコ吸いたくなったら一旦外へ出て一服しています。ただしこのやり方だと、会計システムの違いや、ビルの上に飲食店が多かったり、酔っぱらい民度の低い日本では食い逃げ飲み逃げが多発しそうですが。

 

_案眩缶牟惘譟焚鮎紊阿蕕いOKにしましょうか)
屋外でも人の多いところはNG、歩きタバコ、ポイ捨ては見つかり次第罰則1万円(立ち止まって携帯灰皿持ってりゃOK)

 

これぐらいシンプルな規制なら分かりやすくて皆なルールを守ろうとするだろうし、だれか損することある?どうですか政治家の皆さん?

 

 

煙草なんて金は掛かるは、臭いは、体に悪いわ、百害あって一利無し。でもニコチン中毒だから止められない。

肩身の狭い喫煙者として

「そろそろアイコス買おうかな?でもあれはあれで臭いしなぁ・・・」

なんて悩んでいた所に見つけたのがコレ。

FENIXヴェポライザーです。

要はアイコス同様、加熱式の電子タバコなのですが、特徴は普通の紙巻きタバコはもちろん、巻きたばこの葉やパイプ用の葉にシーガーも、なんなら緑茶や紅茶の葉も吸えちゃいます。電子タバコというより電子パイプと言ったほうが正しいでしょう。

そしてこのFENIXは加熱方式が直接葉っぱを加熱するコンダクション式と違い、熱した空気を煙草の葉に通すコンベクション式なので、無駄なく葉全体から成分を抽出できるし、あの焦げ臭いアイコス臭さがありません。

 

間口が大きいので道具いらずで手だけで葉を詰められるのがグッド。毎度毎度のことなので使いやすさは重要。

Made in 深センだそうですが、Designed in カリフォルニアだそうで、今までスマホやドローンで中国製品のツメの甘さに悩まされ続けていた僕はユーザビリティに不満無し、それどころかよく考えてるなぁと感心することしきり。

 

 

ヴェポライザーのおかげで換気扇の下ではなく堂々とリビングのソファーに腰掛けて悠々と煙草を楽しんでいます。ヤニで部屋の壁が汚れる心配はありません。立ち上るのはタールたっぷりの煙ではなくただの水蒸気です。

臭くないので家族からも苦情は一切なし。それどころかほのかに香る煙草本来の甘い良い香りに感心しています。コレならホテルで吸っても問題無いでしょう。もちろんバーでも問題なし。さすがに食べ物屋さんでは止めたほうが賢明ですが。

 

紙巻たばこも吸えますが、手巻きタバコの葉を吸うと紙巻きタバコの質の低さと不味さに驚愕します。ケミカルチックで紙巻きは吸えない。ヴェポライザー買ったらまずは巻きたばこの葉をお薦めします。圧倒的に香りが良くて美味いです。

 

もともとは節約と健康が目的で買ったヴェポライザーですが、本来の煙草の味を知り色々と勉強中です。今は英国No.1アンバーリーフの濃厚で甘い香りに惚れています。次はパイプ用の葉にも挑戦する予定。

丁寧に解説してくれているHORICK TVさんの動画が分かりやすいです。

 

 

ヴェポライザーは色々なものが販売されていますが、愛煙家の中で一番評価が高いのが僕も持っているFENIX。

煙草本来の味わいを楽しみたいのなら迷わずFENIXをお薦めします。

 

こちらは携帯性を向上した改良版のmini。味についてはオリジナルFENIXのほうが評価は高いです。


 

ランニングコストは吸う葉によりますが、僕の場合は紙巻き時代の1/3ぐらいです。

安くなって美味しくなって気兼ねなく吸えるのだから良いことづくめ。紙巻き派、アイコス派、なんなら非喫煙者でたまにシガーを吸うのは好きという方にもお薦めしたいです。

 

20数年間、今までの自分はJTによって作り上げられたただのニコチン中毒者でした。今では新たな趣味として本当の煙草の深遠なる世界を楽しんでいます。

美味しいウイスキーの見つけ方(余談長いです)

  • 2017.06.19 Monday
  • 04:12

 

 

休日はカヤックフィッシング。

釣果は40UPの黒鯛×1,シーバス×1,ルアー×7個でした。

 

ルアー7個は新品で買ったら軽く1万円オーバー。今日はまさに大収穫でした。

しかし驚いたことに皆さん、最新高級ルアーをよく使っています。

よく観察すると高級品ほど使用歴が無い。

特に真ん中のローリングベイトはおそらく投入初日でロストしてます。ラインを切った時の悲しみが伝わってくるピカピカ具合い。

慣れてないルアーを使うから橋脚や沈み根に引っ掛けちゃうんです。使いこなせなければいくら最新で性能が良かろうが魚は釣れません。

 

使い込んだルアーはこんな感じで、

フックがボディーに当たって円心状のフック痕が出来ます。僕のお気に入りのヘドン/スーパースクープ Jr。これでも3年弱しか使っていません。拾ったルアーがいかに試用期間が短かったか、お分かりいただけるかと思います。

ちなみにこの原型であるザラ ゴッサが登場したのは1921年。今からなんと100年近く前です。銘品ゆえ長い歴史の間にあまりにも多くの派生モデルが登場して、今や何がなんやら分かりにくいほどです。まず最初の1本はスーパースクープJrがお薦めです。

先月のタイでは日が昇って活性が下がってバズベイトでは反応しなくなったジャイアントスネークヘッドもこのとおり。物凄い勢いで喰らいついてきました。


 

今日、真っ昼間に警戒心の強い黒鯛を仕留めたのは、レーベル ポップ-R

上記のザラに比べれば歴史は浅いと言え、それでも発売は今から40年ぐらい前。今でも現役で売られている名作です。お値段たったの¥821。魚を模しているのか虫を模しているのか、何だかよくわからないオモチャみたいな見た目ですが一定の条件が揃えばよく釣れます。考えた人、天才です。

 

ちなみにシーバス釣ったのはアイマ/コウメ Infinity20。釣れたことは釣れたのですが、投げ方の癖とかいうレベルではなく3投に1投は海老になる(ラインが絡んでまともに泳がない)ちゃんとフィールドテストしていたのか疑問の駄目ルアー。Amazonレビューも低評価で評判が悪かったのか今は終売みたい。どうりでワゴンセールしていたわけだ。普通のコウメが良いだけに残念。ハズレを掴んじゃいました。

 

 

 

で、強引に今日の教訓。

 

ウイスキーも定番のボトルをちゃんと条件を揃えて飲むのが一番美味しいのです。

ウイスキー初心者のお客様から、

 

「興味はあるけど何から飲んだら良いのかわからない」

「珍しい物を飲んでみたい」

 

と言われることがよくあります。僕の持論は、

まずは、どこにでも置いてある、誰でも知っている、見たことある、聞いたことがある銘柄から飲んでください。

ルアーであれウイスキーであれ車であれ自転車であれ服やバッグであれ、本だってゲームだって工具や調理器具でも、あらゆる物において有名でよく売れている品物は、よく出来ているから売れるのです。個人の好みで合う・合わないはあるにせよ品質が高いことには間違いありません。

新しいものに目移りする前に、まずは王道から。より自分にあったウイスキーを探すのは次のステップでも良いんじゃないですか。人生、長いんだから焦ることはありません。じっくり時間を掛けて楽しみましょう。

 

画像のルアーに心当たりのある方、ワタクシが大事に保管&使用しますので、引っ掛けて無くす前に早めにBAR SEVENまでお問い合わせください。

 


Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search