1泊2日 琵琶湖弾丸旅行/#1 琵琶湖ウイスキークルーズ編

  • 2017.09.29 Friday
  • 11:51

2017年9月24日(日)

嫁さんと琵琶湖ウイスキークルーズというイベントへ行ってきました。

イベントのチケットは¥3000で3時間のクルーズ。各協賛メーカーのウイスキーその他の試飲、音楽ライブが2ステージ、有識者によるトークショーと内容盛りだくさんです。

 

 

15時30分頃、集合場所の大津港マリーナに到着。

思いのほか若い人が多い。

ウイスキー文化研究所京都支部が主催で京都のバーのお客さんが多かったようです。若い方へのウイスキー普及がちゃんと出来ている京都って凄いなぁと思いました。

 

クルーズ船はビアンカ。

 

しっぽりと落ち着いた感じのクルーズパーティーなのかと思っていたのですが、どちらかと言うとシッカリ飲んでタップリ楽しむパーティーといった感じで最初は気後れしてしまいました。そもそも嫁さんはウイスキー飲めないし・・・。

試飲会場は勉強熱心な若い方で活気にあふれていました。

2部に参加したため、飲んでみたかった注目のボトルは1部ですでに完売。残念。

1部のほうが色々と話題のボトルを飲めるようです。しかしながら16:00発の2部は琵琶湖の穏やかな水面から夕焼けと夜景が楽しめます。2部のほうが雰囲気は断然良いでしょう。各自のお好みで選べば良いかと思います。

水面から眺める夕景は格別です。


船内では土屋守氏が監修したスコットランド料理も色々と楽しめます。ハギスはスコットランドで食べるものよりも食べやすく仕上がっていました。

難を言えば試飲用の小さいプラスチックカップを運ぶのが難儀だし食事には量が足りないし、食事のフロアにビールと料理に合わせたいくつかのウイスキーが用意されていれば助かるのになぁと思いました。

 

 

2部のトークショーは土屋守氏と東京のBAR LIVETの静谷氏による昨今のウイスキー事情、ウイスキーカクテル等々の話で大変興味深い内容でした。「昔は良かった」が口癖のおじさんバーテンダーも、若い方に負けないように鈍くなった頭と心を一生懸命働かさないといけないな、と思った次第です。


最後はオープンデッキでケルト音楽のライブ。フィドルのリフを聞くと気分が盛り上がります!

 


ジンを色々と試飲して、ウイスキーは気になるものを少々とラフロイグ ロアがあったのでおかわり堪能。湖なので潮の香りはしないですが、やっぱり水のある風景とラフロイグは相性が良いです。

色々お楽しみが用意されているので3時間のクルーズはあっという間。ちょうど良い感じのほろ酔いで下船。最初はちょっと気後れてしまいましたが、後半はやっと徐々に慣れてきて自分のペースで楽しむことが出来ました。


暮れていく夕日を眺めて夜風に吹かれながらウイスキー片手にのんびりと琵琶湖をクルージング。なかなか無い貴重な体験でした。

我々みたいな遠方からの参加なら、琵琶湖周辺や京都観光を兼ねて1,2泊の旅行で参加してみればよろしいかと思います。

 

ひとつ気になったのは、テーブルがあるオープンデッキは眺めが良くて人気があり混雑するので、危ないし臭いが気になる人も居るでしょうから喫煙所は下のデッキへ変えたほうが良いかもですね。

毎年毎年ブラッシュアップしてターゲット層をもっと広げていくと数年後には国内最大級の人気イベントに成長する予感がしました。ウイスキーとクルーズは相性が抜群です。その時は船も大きなミシガン使うほどになってることでしょう。

 

岡山でも児島湾ウイスキークルーズとかやりたいですね。夜の児島湾って綺麗ですよ。いつも釣りしてて思います。

瀬戸内海クルーズにして岡山と香川で合同開催でも良いかも。潮の香るウイスキー限定にして「潮の香るウイスキーと瀬戸内クルーズ」瀬戸内の海の幸と一緒に。相当楽しそうです。どうですか?岡山の観光業界の皆さん?

 

 

次回は琵琶湖周辺観光編です。

 

岡山県人にとって台湾が近くなりました

  • 2016.06.12 Sunday
  • 11:13

テーマ:海外旅行 お役立ち情報

すでにニュース等でご存じの方も多いと思います。
7月からシンガポールのタイガーエアが岡山−台北便を就航することになりました。
日月木の週3便。これで晴れて岡山県人も週末台湾グルメなんてプチ海外旅行が可能になったわけです。

ワタクシも9年前、初めての1人海外が台湾でした。
正確には目的地はベトナム/ハノイで、行き帰り2回台北を訪れました。

高さ509mの台北101。周りに高い建物がないので異様にデカく感じます。現在世界10位の高層ビルです。


龍山寺。荘厳な作りの建物に、真剣に祈りを捧げている台湾の人が印象的でした。


台湾といえば食。毎日賑わっている夜市は楽しいです。
台湾の夜市でお馴染みのちょっとドキッとするアレは今でも売っているんだろうか???


都市部の方には想像もつかないでしょうが、岡山のような地方都市に住む人間にとって台湾は近くて遠い存在だったのです。
地理的には西表島から西へわずか200km。ピュンと飛べば岡山からでも3〜4時間の距離です。
ただし岡山から台湾へ行こうとすると、まず関西国際空港まで行かないといけませんでした。
重い荷物を抱えて家から岡山駅まで行き、新幹線とはるかを乗り継いでやっとの思いで関空着。気がつけば家を出てから3時間経過。広い空港を歩きまわって諸々手続きを済ませ、空虚な待ち時間を過ごし、瀕死の疲労困憊状態でやっと搭乗。
台湾行くだけで丸1日仕事だったのです。

それが、これからは、
家から車で岡山空港へ直行して車をポイっ(駐車料金無料)。
小さな岡山空港なんてゲートクローズの20分前に到着しても余裕で間に合います(良識のある大人は真似しちゃ駄目ですよ)。
現地時間19:55着なので、当日から台湾グルメを堪能できます。

国内に籠もり気味の岡山県人もこれで手軽に楽しい海外旅行が出来ますよ!




と・・・、昔からワタクシを知っている感の良い方なら薄々お気づきでしょう。
家族の予定を調整して、すでにエアチケットを抑えており、色々と調査して今日ようやくホテルが仮確定したところです。
4泊5日のうち「千と千尋の神隠し」の舞台テーマにもなったと言われる日本人に人気の九份にも1泊しちゃう。日帰りだと行きも現地も帰りも激混みらしいので、夕方到着して夜景をのんびり堪能して1泊して昼前に台北へ戻る。太極の行動の裏をかく旅策士のプランです。

気になる旅のお値段は
エア(往復約¥24,000) & 4泊ホテル代(1泊あたり約¥2,500)
でお一人様¥35,000。沖縄行くより安いですね。

就航のニュースを聞いてからの脊髄反射的でGoogle検索、からの速攻エアチケット確保。
子供の夏休みの思い出のためにも、こういうことは敏速な行動が重要です。


また出国日が近付いたら改めて店休日をご案内します。
よろしくお願いします。

 

バンコク 酒事情

  • 2015.01.16 Friday
  • 11:59


正月休みを利用して奥さんと2人で6泊7日でバンコクに行ってました。
バンコクは人口約1500万人を抱える東南アジアの大都市。人口密度は東京よりも濃いです。海外からの旅行者も多く、中心部はまさに人種の坩堝と化してします。
今回はバーテンダーらしくお酒事情について書いてみようと思います。
 
バンコク中心部にはアイリッシュパブやルーフトップバーが乱立しています。外国人旅行者が多いだけありパブの雰囲気はなかなか本格的です。
ただし、国内産業保護のためか輸入品に対する課税率が高いようで輸入酒は日本で買うよりもかなり高いです。日本で買えば¥1500ぐらいのジョニーウォーカー(赤)が¥4000位します。高額なせいで輸入されているウイスキーの種類も少なく、ほとんど日本でもお馴染みのブランドばかり。見かけた中で珍しのはBEN MOREぐらい。これはタイ向けに作られているブレンデッドスコッチウイスキーで、価格はナショナルブランドに比べても圧倒的に安いです。それでも750mlボトルで499バーツ(約1800円)。クオリティーは正直価格なりです。ライトボディ好きならありかもしれませんが。
色々な国へ旅行に行くと日本がいかにスコッチが安く飲める国であるかということに気付かされます。

ワインに関しては興味が無いのであまり見ていませんが、1件だけ品揃えの凄いスーパーマーケットがSukhumvitのSoi29あたりにありました。2階が空調完備のセラールームになっており、ボルドーの1級シャトーのものもラインナップ。マニアックで詳しい人が探せば相当珍しいヴィンテージ品もあるかもしれません。ご興味ある方は頑張って温度変化に気を使いながら南国から持ち帰って下さい。


というわけで今回は屋台でタイ料理ばかり食べて、バーにはあまり行っていないのでチョットだけ。
MRT Nana駅から近いアイリッシュパブ「Mulligans」。シンガポール、パタヤ、バンコクと展開しているようです。
写真は背景のビルや電線がいかにもアジアっぽいですが、店内はなかなかアイリッシュパブ。旅行者や地元在住の欧米人で賑わっています。酒も料理も安くてグッド。界隈でも人気店でした。
安かったので食事前の前菜のつもりで頼んだおつまみプレートが、なかば予想通りの完全に欧米人設定。揚げ春巻きに海老、手羽先、ポテト、オニオンリング、揚げ物づくし!腹一杯でその日のディナーは終了でした。
 
後半に4泊したホテルから近かったバンコクでも知る人ぞ知るハイセンスなラウンジ「Long Table」。


その名のとおり長いテーブルがアイキャッチなおしゃ内装ですが、お客さんの殆どはアウトサイドのサンセット目当て。もちろん、40年間遊び倒してきたワタクシはハッピーアワーのサンセットを狙って絶妙な時間に入店。アウトサイドの西側の最高の席を確保出来ました。一応ドレスコードがありますが、あまり気にしなくても大丈夫なようです。
雰囲気、サービス、隠れ家感バツグン。少々お高めですがお近くにお立ち寄りの際はゼヒゼヒ!
しかし結婚18年、非日常を色々提供しすぎたせいか、こんに洒落た店よりプラスチック製の椅子に座って屋台で食べるタイ料理のほうが新鮮でテンションが上がる嫁さんに少々苛立ちを覚えます。

 
その他、今回の旅行の写真を
人生初めて海外で年越し。セントラルワールド周辺は人でごった返し!花火も上がって大盛り上がり。
 
日程に余裕があったので、通常日帰りコースのアユタヤであえて1泊。宿はAyothaya Riverside Houseのこんな素敵なボートハウス。プカプカ揺られながら静かで快適です。オーナーも気さくな方でアユタヤ行くなら激しくオススメです。

ホテルからメナム川を挟んですぐの対岸のレストラン。

 

ローカル色が濃いながらスタッフも陽気で親切。地元産の貝類や、雷魚やらナマズやらバラマンディにプレートフィッシュなどなど魚類のメニューも豊富で安い。今回一番楽しかったレストランでした。アユタヤ泊ならオススメです。

 
一泊すればこんな夕景のアユタヤも存分に堪能出来ます。ここはWat Chai Wattanaram。
 
もちろんバンコクにいけば王宮とwat Phoは外せません。見応え充分!アホほど人が多いですが・・・。

アングラーにはお馴染みのバンコク釣り堀フィッシング。90cmのバラマンディ確保!
正直、行くまでは近代都市のバンコクには特に興味がなかったのですが、アユタヤとコレがあるから行ったようなものです。
 
高級店やガイドブックの店よりも、やはりアジアといえば屋台でしょう!真ん中のオジさんはタイ人じゃなくて僕ですよ。


とまあ、今回はかなり幅のある楽しい旅行でした。
タイに旅行に行くなら多少アドバイスできます。ただしエロは専門外なので知りたい方には詳しい人を紹介しますよ。















 

Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search