緊急事態宣言は出たものの不安な心境に変わりなし

  • 2020.04.08 Wednesday
  • 11:41

日本でもとうとう緊急事態宣言が発令されました。感想は疑問と悲観だけ。

 

現時点で感染者数239人で全国5位、死者数では2位の愛知は除外。早速海外メディアからツッコミ入ってます。理由はトヨタがあるからでしょ。トヨタか経団連の圧力に政府が屈したんだと想像します。日本人ならみんな分かってますよ。とりあえず経済を回したいのは本心らしい。 

 

公共交通機関を動かすのもみんなに会社で働いてもらいたいからでしょう。休業保証したくないし。名指しで危険スポット指定されたバー経営者の目から見ても混んでるバスとか乗りたくないです。ソーシャルディスタンシングってやっと日本でも気を使いだしたけど、昨日の夕方に見かけたバスは椅子は満席で立っている人までいました。見るだけでゾッとする。レジに並ぶ時は気にして電車やバスはOKなのが不思議。さすがに最近はまばらですが、3月中旬にスシローの混んでる待合スペース見てもゾッとしました。感染拡大の防止はあんまりやる気がないみたい。

 

日本政府からの経営者に向けてのメッセージは

給付だの無利子での貸し付けだの大きいこと言うだけ言って、即時性もないし、条件厳しくて救済を受けることは無理っぽい。ようは「貯金取り崩して食いつなげ」って要請のようです。

 

雇用者に向けてのメッセージは

「こっちはテレワーク推奨してんのに、出来ないんならマスクつけて仕事行けよ」ってことですよね。国が頼りにならないから自転車がよく売れているそうですよ。https://corporate.cb-asahi.co.jp/ir/month/

 

 

日本に目を向けると暗くなるばかりなので海外を見てみましょう。

 

息子がフィリピンの大学に通っているのでフィリピンのニュースが入ってくるようにしているのですが、ドゥテルテ大統領の決断の速さは見事でした。強いリーダーがいる国ってうらやましいですね。

3月6日に2件、7日に1件、8日に4件の感染者を確認した時点で緊急事態宣言。12日にはマニラ封鎖を宣言。それじゃ駄目っぽいから17日には国民の半分が住むルソン島全土を封鎖。とにかく行動が早い。(ちなみにニューヨークのロックダウンは3月22日)

ずっと世界各国のニュース見ていますが僕が最初にロックダウンって英単語見たのはドゥテルテ大統領の発言でした。そのあとにビジネスアズユージュアルとか不思議な英語を使うおばちゃんが言い出しました。語感がカッコいい単語だと思ったから使いたくなったんでしょうね。ニューヨークのクオモ州知事の毎日メッセージを発信していて支持率が上がっているというニュースを見て以降、なんかやたらとおばちゃんがメディアの前で発言することが増えた感じがするのは僕だけですか?

 

ドゥテルテ大統領は国内の貧困層の数や、医療の脆弱さをよく理解しているから、敏速に厳しい制限を打ち出したんでしょう。「言うこと聞かん奴は射殺する」は言い過ぎですけど。実際1人撃ち射殺したし(酔っていて鎌を振り回して暴れたらしい)。現時点で感染者3764人、死者177人。1億人の人口を抱え、貧弱な医療体制でこの数字で抑えこんでいるのはお見事。感染者の増加率はピークを越えたみたいだしこれから一気に収束するでしょう。

 

 

これから日本、特に国民の1/3が住む関東圏はどうなるんでしょうね?

ウイルスが季節性のものであれば、これから気候が良くなって5月になれば自然に終息するかもしれません。まさにベストルートでしょう。そうしたら、たいして何もやっていない政府が恒例の「国民の皆さんの努力と協力の成果が〜」ってドヤ顔で勝利宣言するでしょう。腹立たしいけど僕はこっちに期待しています。

 

ウイルスが季節性のものでなければ、最悪ニューヨークかそれ以上の事態になりかねません。代々木公園に野戦病院みたいなテント立てて、東京ドームに死体を置いとくんでしょうか?困窮した人は自殺するか、逆に泥棒や強盗の犯罪に走るか。政府に不満を抱いた国民が集まってテロ組織を結成しても不思議はありません。名称は令和日本赤軍とか。

 

コメント
コメントする








    

Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search