一流暇つぶシストによるオススメの暇つぶし

  • 2020.04.09 Thursday
  • 23:33

まずお店の営業についてのご報告。

自粛要請はあるものの、岡山はまだ非常事態は宣言されていないし、営業にあたって何か基準とするものないかな?と考えた結果、とりあえず岡山市立の公立小中学校に合わせます。学校が休校になれば、それ相応の状況ととらえて当店も休業します。しかしながら、いよいよ4月に入ってからはほとんど誰も来ないので、雨が降ったら休みます。ご了承ください。

廃業まではまだしばらく持ちこたえられそうですが、なるべく早くもとの楽しい生活に戻りたいですね。

 

 

このご時世ですから、皆さんテレワークしたり、通勤してる方でも残業が無くなって家にいる時間が増えているかと思います。急に時間が出来て暇を持て余している人に一流暇つぶシストの僕がおすすめする暇つぶしをご紹介。

 

.魯ぅ僉 ハードボイルド グルメリポート

先行きが見えなかったり収入が減ったり、不安で気が滅入っている人が多いかと思います。楽しいTV番組や映画でも見て気を紛らわそうとしても、気が滅入っている時って楽しくしている人を見てちょっとイラッとしたりすることないですか?こういう時は自分より不遇な人を見ると気持ちが落ち着きます。口では綺麗事を言ってもしょせん「人の不幸は蜜の味」です。

 

ハイパー ハードボイルド グルメリポートはテレビ東京の凄くブッ飛んだ番組。「食うこと、すなわち生きること」をテーマに、リベリアの墓地で暮らす元少年兵や、台湾マフィア、ロシアのカルト教団、ケニヤのゴミ山で暮らす若者など、私達が普通に生きていれば接することどころか存在も知らないような人々が、どのように生きて、どんなものを食べているのかをレポートする番組です。どんな人でも一生懸命に生きていて、食べる事は幸せなのだ、ということを伝えてくれる番組です。

ヤラセ問題で打切りになった某番組みたいに、英語も話せないジャーナリストが安全に配慮して現地コーディネーターが連れて行ってくれるようなところを伝えるのではなく、警察が「あそこだけは絶対に行くな」というところに一切ヤラセ無しで突撃する番組です。

本編はこれよりも圧倒的に衝撃的です。

もうね、初めて見た時の感想は「え?これ地上波で流してもいいの?」

番組のロケは本当に危険だし映像も強烈です。内容は衝撃的ですが読後感というか見終わったあとは「明日も頑張ろう」って気分になれます。

第5回放送にも映されていたネパールの火葬場。僕も2014年に家族で行きました。ここなら危険ではないのでおススメ。

 

Amazonプライム会員になれば第5回放送までが視聴できます。

巣ごもりで家にいるなら、この機会に配送無料で音楽・映画も楽しめるプライム会員になるのをおすすめします。

 

もちろんプライム会員なったらFire TV Stickは必需品です。今から買うなら絶対に4Kにしておくべき。

ハイパー ハードボイルド グルメリポートはもちろん、映画やYoutubeも4K大画面で楽しめます。

 

ちょうど昨日放送のニッポン放送「佐久間信之のオールナイトニッポン」に番組ディレクターの上出遼平氏が出演していました。裏話も聞けて大変面白い回です。1週間はラジコプレミアムで聞けます。


 

▲薀献灰廛譽潺▲

巣ごもりついでに、掃除や料理、プラモデル作りなんかにチャレンジする人も多いでしょう。そんな時はラジオです。プレミアム会員になれば月々350円で色々な番組がタイムフリーで聞けます。以前も一度記事にしましたが、やはり話のプロの話は面白い。

こちらのリンクからチェックしてみてください。

http://radiko.jp/

 

 

バーベキュー

今の気候に最適なのはBBQです。岡山なら市内から車で30分も走れば海でも川でも山でも自然がいっぱいで、感染リスクゼロの誰もいない場所なんていくらでもあります。

炭を起こすの面倒だし片付けが大変と思っているならガスコンロがおすすめです。なかなか火が起こせなくて奥さんや子供に文句を言われることもありません。

 

実はこういうのが家でも使えるし、外へ持っていく時も軽くて持ち運びが便利なのですが、

実際、外に持っていくと、なんとなく炊き出しっぽくなってアウトドア気分がアガりません。

 

これなら見た目もアウトドア感があるし、2口なので凝った料理も作れます。

 

準備も片付けも楽だし、カレーやチーズフォンデュとかもできちゃいます。ガスコンロオススメですよ。

 

 

つ爐

ずっと家にいるばかりでは気が滅入るので、たまには3密を避けて外へでかけましょう。静かできれいな水辺に立てば気分がリフレッシュします。のんびり待つ餌釣りも楽しいですが、僕がルアーフィッシング専門なので今回はルアーフィッシングの話を。

 

ルアーフィッシングは魚の生態を勉強し、気候などの地域の特性を調べ、道具の知識と技術を駆使して魚と対峙する頭脳ゲームです。

今の季節からはブラックバス、雷魚、ナマズなどの淡水魚が激アツです。ブラックバスはゲーム性が高いし、雷魚やナマズはルアーに喰らいついてくる瞬間がアドレナリンMAXで楽しい釣りです。

最初に道具を揃えてしまえば、釣具屋さんに立ち寄って餌を買う必要もないので、24時間365日、自分の行きたい時にいつでも出かけられます。

 

キャストに練習が必要ですが、ルアーフィッシングをするなら腕さえあれば自由自在にルアーをコントロールできるベイトタックルがおすすめです。

テイルウォーク/ナマゾン色々なシチュエーションで色々な魚種に対応する超バーサタイルロッド。僕の愛用ロッドです。

6ftぐらいががコントロールしやすいです。独特のねばる特性を活かせばロングキャストも可能。淡水魚でも海のカヤックフィッシングもこれ1本でほとんど出来ちゃいます。

 

最初に買うリールなら、お手頃価格で精度が高く剛性もあるシマノ/スコーピオンがおすすめ。

PE3号を100m巻いとけばたいてい何でもいけます。

 

 

こういうときこそ前向きに、楽しめることを探したり、生活を見直したり、新しいことにチャレンジしたりしてみてはいかがでしょうか。

 

去年の花見の時のドローン写真。早く世の中が回復して、この時みたいにのんきに暮らしたいものです。

 

コメント
コメントする








    

Selected Entry






Archive


Profile



Link


Search