キャッシュレス社会へのハードル

  • 2018.10.10 Wednesday
  • 12:04

JUGEMテーマ:マネー

 

去年には「来年にはキャッシュレスの波が来ますよ」とお客様にも話していましたが見事的中。我ながらヨミが良い。先回りして利益を上げそうな企業に投資しておこうと考えたのですがまったく何も思いつかず。

 

 

キャッスレスに移行するまでの問題点。それは手数料の1点のみです。

 

すっごくシンプルに説明します。

 

・年間売上1000万円の個人商店の支払いが100%キャッシュレス化。

 

× 手数料 3%(¥30万円) ⇒ 冗談でしょ。勘弁してよ

 

△ 手数料 1%(¥10万円) ⇒ キッツイなぁ!毎年嫁さんと2人で沖縄行けるがな

 

そんなんなら現金がエエわ。と言うのが本音。

 

 

・今度友達とグアムに遊びに行く。旅行代金10万円を送金。

 

△ 手数料 1%(¥1000) ⇒ 今度会った時に現金で払うわ。てか銀行振り込みする。

 

「友達にお金送るだけなのに手数料取られるって馬鹿らしくない?」

いまどき人が介在しないデジタルサービス(本当は滅茶苦茶頭の良い人が介在しているんですが)なんて無料で当たり前って意識ですよね。GmailとかGoogle MapなどGoogleのサービス全般ぜーんぶ無料(なんで無料なのかはよく考えたほうが良いのですが)。

 

 

中国でアリペイが爆発的に普及したのは店舗側の手数料が実質無料だから。もちろん個人間送金も無料。アリペイアカウントに貯まったお金を現金化するときにだけ手数料がかかります(2万元(約33万円)以上で0.1%)。現金化しなければ無料。そもそも今どき現金化なんてしません。これならセキュリティーや手間を考えても喜んで導入します。

もちろんアリババはボランティアでやっているわけではありません。広告や貸付で利益を出しています。んで先日退陣した創業者ジャック・マー氏の個人資産は4兆円オーバー!20年前は高校の先生だったんですよ。ワタクシもスマホやドローン、釣り道具でアリババ使ってマー氏に貢献しています。

 

 

今のところ色々な企業が動いていますが、私的観測ではどこもダメ。今ぶち上げている数字なら「クレジットカードでエエやんけ」の域を超えていません。規格統一が進むか、圧倒的シェアNo.1が決まってから導入します。

下手すりゃアリペイが日本のキャッシュレスの天下を取るかもしれません。「日本スゴイ」が大好きな方には耳が痛い話かもしれませんが、日本の企業は製品もサービスも中国のスピードとレベルには追い着くのはかなり困難な状態です。いまや服や小物から家電、デジタルデバイス、安い外食の食材に至るまで、気が付けば身の回りの物のほとんどがメイドインチャイナ。今後はAIや自動運転などの分野においてもアメリカと中国の一騎打ちになること必須。

 

 

僕が楽天の三木谷さんなら去年のうちに死ぬほどシェア獲得に動いたのになぁ。

 

アクションスポーツ × レーシングドローンの美しい世界

  • 2018.08.15 Wednesday
  • 09:38

今日がお盆のUターンピークだそうで今年のお盆営業もこれにて終了という気分です。

お盆に関係あるのか無いのか、先週某日には1日で40人のお客様をお断りしました。

「お前んとこ儲かってんなぁ!!!」

と驚きの方、そんな訳はありません。電話予約で20名を2組お断りしただけです。20名って……。なんでバーで飲もうって思ったんだろう??? チェーン居酒屋かカラオケボックスでよくない? ましてや団体不向きの当店になんで? 「あそこは団体OK」みたいな噂でも流れているんだろうか?

 

 

 

今日は映像の話

GoProの登場以来、日常・非日常を映像に切り取り我々一般人が未知の世界を体験する機会が増えました。

そしてドローンの登場により今までにない画角から美しい世界を体験する機会が増えました。

僕も安いアクションカメラ買ってカヤックフィッシングの動画とか撮影していますし、おもちゃドローンを近所で飛ばして楽しんでいます。ここ数年で映像撮影がすごく身近になりました。

 

そして今個人的の最も注目しているのはアクションスポーツとレーシングドローンの融合です。

皆さんがイメージするドローンの空撮はビタッと水平にスタビライズされた空撮映像ではないでしょうか?DJIをはじめとする空撮ドローンの映像です。それに対してレーシングドローンはその名のとおりレース向けに作られた3Dで自由自在に飛行できるドローンです。それにGoProを括り付けて撮影するわけです。

 

まあ文章で説明するより実際に動画を見てもらったほうが早いですね。

ドローンパイロット、いやもはやドローンアーティストと言っても過言ではないWEBB-FPV氏のスキービッグエアの映像です。

スキーヤーに合わせてドローンを回転させるとこんなにも面白い映像が出来上がるとは!!!

音楽に合わせて動画全体がストーリーを持っているように編集されていて何回見ても飽きない今一番お気に入りの動画です。

 

こちらはAIRBLASTER氏のMTB映像。この人、センスの塊です。

ライダーはスキーヤーでもあるらしくテールを切るようにスライドさせるライディングがカッコいいですね!!!。

「MTBに興味あるんだけど」という人がいたら見せてあげてください。明日買いに行くでしょう。

 

同じくAIRBLASTER氏のMTB映像。

MTBでトレイルやってる人にはよだれが出そうな映像です。20代の時に行ってみたかったなぁ!!!

 

 

世の中こんなに楽しそうで美しい世界があるということで。

ぜひChromecastなどを使って大画面でご覧ください。

 

何か新しいことはじめたくなりました?

 

今や4Kで1万円を切る時代です

 

 

僕も持っているヤツ 最初の一台におすすめです

 

 

バブルの波に乗れていますか?

  • 2018.07.21 Saturday
  • 09:59

JUGEMテーマ:経済全般

週末の経済のお勉強

 

 

バブル景気と聞いて何を思い浮かべますか?

 

「ワンレンボディコンのオネーちゃんがジュリアナ東京で踊り狂う」

 

「邦楽業界は小室ファミリー全盛期でノリノリイケイケ」

 

「パリのルイビィトン本店でOLが爆買い」(当時は「爆買い」という言葉はありませんでしたが)

 

 

ジュリアナ東京がオープンしたのは1991年5月。

TRFの「EZ DO DANCE」のリリースは1993年6月。

ルイビィトンで爆買いはまあ1980年代の話ですが、高校生の間でモノグラムの財布が流行ったのは1990年代中頃。

グラフで見ると一目瞭然。とっくに経済は崩壊したあとの話です。

 

先日、ラジオで聞いて「なるほどなぁ」と思ったのですが、バブル真っ只中に「今、バブルの実感はありますか?」というアンケートをとったところ、半分以上の人は無いと答えたそうです。

 

つまり大半の一般市民は「なんか最近、やたらと景気の良い話が多いなぁ」とTVや雑誌で知ってから、タイムラグがあって金を使いだすのです。

 

 

色々な話に尾ひれ羽ひれが付いて「さぞかしバブルの時代は皆んな凄かったんだろうんぁ」という印象をお持ちの若者も多いでしょうが、実際にバブル景気の恩恵を受けたのは資産家、投資家、一部の業種の経営者・被雇用者だけで、大半の一般市民の生活はこれと言って変わらなかったのです。被雇用者であれば調子の良かった大手企業でも給料の上昇率はせいぜい年4%。年収500万円なら20万円ぽっち。月になおせば1万6000円ちょい。ここから税金引かれれば実感なんてあるわけありません。

 

バブル世代と言われる40台後半から上の人をじっくり観察してください。ほとんどはショボクレたオッサンばかりでしょ?いまだにイキイキしいるのは、上手く資産を売り抜けた人、現役バリバリの経営者、持ち株が高騰して悠々自適なサラリーマンぐらいです。当時、これと言って恩恵を受けれなかった人や、会社の経費で遊んでただけの人は、今やすっかりメッキが剥がれて加齢臭ムンムンですっかりショボクレています。

 

 

そこで今現在2018年。

ニュースでは経済指数がバブル超え。業績は良いけど人手不足で大変。景気の良いニュースばかり耳に入ってきます。

とはいえTVを見ればファストファッション特集や激安グルメの情報ばかり。「ファミレスでこうやってセットで注文すれば¥21お得!」なんて番組見ると何だか呼吸が苦しくなってきます。

 

お客様と話していても

「実感ないよ!」

と言われる方が大半ですが、今現在日本の景気がかなり良いのは紛れもない事実です。

 

 

つまり30年前と一緒です。

恩恵にあやかれているのは資産家、投資家、一部の業種の経営者・被雇用者だけ。今実感が無いということは残念ながら好景気の蚊帳の外にいるということです。

確かに30年前のバブル好景気と今の好景気では、経済を押し上げているパワーもベクトルも全然違います。

それでも昨年1年間だけで時価総額が2倍、3倍になった企業はいっぱいありますし、なんだかんだで優良上場企業の賃金はバブル期と同じ利率で上がっています。

数年前に話題になったフランス人経済学者トマ・ピケティの分析は正しいのでしょう。(知らない人は自分で調べてね)

 

世界経済の中心であるアメリカでは、その格差がいよいよ大変なことになってきています。

先日のBBCニュースでも年収1300万円でも「低所得層」 米サンフランシスコの実情という耳を疑うような記事がありました。

ITエンジニアが年収2000万円のオファーを受けてアメリカの企業に転職したら思いのほか生活が苦しい、なんて記事も読んだことがあります。

昨日、ここ数年アメリカでの仕事が多いKさんに聞いてみたら「サンフランシスコなんか家賃も物価も高すぎて人の住むところじゃねぇ」とおっしゃっていました。Kさんはサクラメントに拠点をかまえているそうで、西海岸ではどんどん北へ住居エリアが移っているそうです。

 

自分の身近でも、我が家の周辺は中小企業が多いのですが、ここ2,3年でやたらとマセラッティーやベントレーを見かけるようになりました。しかもマセラッティーでもSUVとか、赤じゃないフェラーリーとか、ポルシェのパナメーラとか、いわゆる富を得て最初に買いたい赤いフェラーリーやポルシェ911といった定番モデルを買った次に買うヤツをいっぱい見かけます。

極めつけは先月近所でマクラーレンが信号待ちをしていました。しかも岡山ナンバー。浮世離れしすぎてモデルすらよく分かりませんが、一番安いモデルでも我が家の家と土地より高いです。あんなもんゲームでしか見たことないよ!まさか岡山で実写を見ることができるとは......。

 

確実に富は偏って増幅しているのです。

 

 

われら一般人が好景気の恩恵を享受するには起業か転職か投資しかありません。ただし自分みたいな一介の飲み屋の親父が投資の話をしている時点ですでに投資はかなり出遅れ状態です。いわゆる靴磨きの少年の話と一緒です。(知らない人は自分で調べてね)

 

少しでも資産を増やすか、インカムを増やすか、出ていくお金を減らすか、

庶民こそ一生懸命頭を使って生き抜く時代になってきているなぁと実感する今日この頃です。

 

たまたま見かけて「生きてるうちに行ってみたいなぁ!」と思ったモルディブの夢の世界のような水上コテージSoneva Jani。調べてみたら一番小さな1ベッドルームのコテージで安い時期でも1泊¥400,000。うん、一生行けないよ ( ノД`)シクシク…。

 

こんな世界もあるんですね〜。今の日本の若い世代も奮起して頑張ってほしい!ん?ワタクシ?ワタクシは老兵は老いて去るのみです。

 

 


Selected Entry



マスター推薦 酒の本





Archive


Profile



Link


Search